カジノの目的地

最高のアジアのカジノの目的地

映画やいくつかのトーナメントがあるため、ラスベガスは世界で最も人気のあるカジノの首都かもしれませんが、世界中のカジノの目的地はその専門分野で知られています。アジアには、プレイヤーがユニークなギャンブル環境に参加できるようにするさまざまな目的地もあります。アジアには、快適な滞在とさまざまなアクティビティを提供するさまざまなカジノがあります。同じく最大の大陸であるアジアには、あなたのバケツリストを満たすことができるカジノの目的地のリストがあります。

マカオ

マカオは、ギャンブルが合法である中国で唯一の場所として知られています。それは世界最大のカジノの首都であり、ラスベガスがそれに続きます。マカオには独自の独立した政府があり、カジノゲームから生み出される収益によって経済的に大きな影響を受けています。総税収の80%はカジノゲームから発生します。
ベネチアンはラスベガスサンズが所有するカジノリゾートです。リゾートには39階建てのホテルがあり、世界最大のカジノ施設です。また、世界で7番目に大きな建物でもあります。

カジノの目的地

パリジャンマカオは、マカオで最も新しいカジノリゾートの1つで、3000のホテルの客室と200のショップがあります。本物の半分の大きさのエッフェル塔の興味深いレプリカがあります。

MGMマカオは、マカオにも拠点を置く有名なカジノオペレーターです。 600のゲームルームを備えた35階建ての建物です。人々が時間を楽しむためのレストランやバーがたくさんあります。また、結婚式やビジネスイベントのアクティビティも提供しています。

シンガポール

シンガポールには非常にバランスの取れたギャンブル法があり、地元の人々に一定の規制を設けながら、観光客向けのゲームをホストすることができます。それは彼らが地元の人々の生活に対するギャンブルの副作用をコントロールするのを助けます。日本はギャンブルを通じて観光を促進するという彼らの考えに触発され、元パットのために統合型リゾートを開くという同様の計画を立てました。

カジノの目的地

マリーナベイサンズはラスベガスサンズの下で運営されており、シンガポール最大のカジノリゾートです。リゾート内には、美術館、モール、2つの劇場、世界最大のアトリウムカジノもあります
リゾートワールドセントーサの敷地内にはユニバーサルスタジオテーマパークもあり、多くの人に人気の休暇先です。それが作られたとき、それは3番目に高価なプロジェクトでした。地元の人々は、毎月限られた入場でカジノに入場するために追加料金を支払う必要があります。エクスパットの賭け条件もありませんが、地元の人々はその要件を満たす必要があります。

フィリピン

カジノの目的地

フィリピンのカジノはの下で管理されています。それは政府に3番目に大きな収入をもたらします。 の下で運営されているカジノリゾートがいくつかあります。それはアジアで最も人気のあるカジノの目的地ではありませんが、それは間違いなく最高の機能を備えた最も手頃なものになる可能性があります。
リゾートワールドマニラカジノは、4つのホテル、映画館、レストラン、カジノゲームもある統合型リゾートです。シンガポールでリゾートワールドセントーサを運営しているのと同じグループによって運営されています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.